▼診療科紹介 ▼コメディカル
看護部

看護部長挨拶

看護部長 杉 加代子

看護部長 杉 加代子

 西条市立周桑病院は、急性期一般病棟と地域包括ケア病棟を有しており、西条市西部地域の中核病院として地域住民に信頼される病院を目指し、より質の高い安全・安心な医療・介護の提供を心がけています。
 今後、ますます高齢化が進み、医療ニーズが大きく変化し多様化していく中で、院内の多職種、院外の関係機関との連携を強化し、患者様やご家族に寄り添った「やさしさのある確かな看護」が提供できるよう努力してまいります。
やさしさのある確かな看護を提供するためには、職員一人ひとりが自己研鑽に努め、看護実践能力を高める必要があります。それらをサポートできる体制を整えていきたいと思います。
 また、このような大切な役割を担う看護職員が、安心して働き続けることができるような職場環境を作りたいと考えております。
 そして、患者様も職員も、「周桑病院にきて良かった」と思える病院を目指したいと思います。

看護部の理念
やさしさのある確かな看護を提供します。

看護部方針
(1)患者さんの基本的人権を尊重し、心のこもった看護を提供します。
(2)患者さんの安全を守り、看護業務の改善向上に努めます。
(3)看護の質を高めるため、自己研鑽に努めます。
(4)看護の立場から病院経営、運営に参画します。

看護体制
(1)稼動病床数:一般病棟 52床、地域包括ケア病棟56床
(2)入院基本料:急性期一般入院料4(10対1)
           地域包括ケア病棟入院料2(13対1)
(3)勤務体制 : 3交代制
(4)看護提供方式 : チームナーシング+機能別

看護部詳細