▼診療科紹介 ▼コメディカル
薬剤課

調剤
医師がくすりの指示を書いた書類を処方せんといいます。
処方せんに書かれたくすりの飲み方、量、飲み合わせなどの内容を確認して、処方せんをもとに必要なおくすりを取りそろえます。病院の薬剤課では、主に入院している患者さんにおくすりをお渡ししています。

注射調剤
医師がくすりの中でも注射の指示を書いた処方せんを注射せんといいます。
注射せんに書かれた注射の使い方、量、2種類以上の注射薬を混ぜてもよいかなどの内容を確認して、注射せんをもとに必要な注射を取りそろえます。
確認した注射を外来や病棟の看護師へ渡します。

製剤
市販されていないけれども患者さんの治療上必要なくすりを作っています。
患者さんに安心して使っていただけるように衛生面など細心の注意を払ってくすりを作ります。

医薬品情報提供
くすりを正しく安全に使っていただくるように患者さんや医師、看護師などの医療スタッフからのくすりに関する問い合わせにお答えしています。病院内へくすりに関する重要な情報もお伝えしています。

高カロリー輸液調製
食べ物から栄養を取り入れることができない患者さんが注射で高カロリーの栄養を補給することがあります。そのための注射を細菌がいない環境で混ぜ合せています。

薬剤管理指導業務
薬剤師が患者さんのところへ伺い、くすりの飲み方や作用、注意点、必要性などをお話し、くすりに対する不安や疑問を解消できるようにサポートします。また、患者さんが服用しているくすりの飲み合わせや副作用等も確認して、安全で適切なくすりの治療が行えるように注意を払っています。

薬品在庫管理
当院で採用しているくすりは、約1,300品目です。無駄なくすりの在庫を無くし、必要なくすりが不足しないように、コンピュータを利用して、くすりの在庫調整をしています。

院外処方せんについて
周桑病院では、平成15年4月1日より院外処方せんの発行を始めています。
院外処方せんは、病院内の薬局でくすりを受け取らずに、病院外の「保険薬局」でくすりを受け取るシステムです。保険薬局の薬剤師が処方せんに書かれたくすりの飲み方、量、飲み合わせなどの内容を確認して、くすりをお渡しします。また、「かかりつけ薬局」を決めて、処方せんをいつも同じ保険薬局にお持ちいただきますと、保険薬局の薬剤師が複数の病院や診療所などから処方されたくすりの内容と合わせて確認し、副作用や重複投与などの患者さんの治療に不利益なくすりを見つけてくれます。患者さんの安全で適切なくすりの治療をサポートするために「かかりつけ薬局」を1ヵ所決めておかれることをお勧めします。処方せんには有効期間がありますので、処方せんを受け取った日から4日以内に保険薬局でくすりと交換してください。
その他、薬剤課では院外処方に関してのご相談を受付けています。お気軽にご相談ください。